ももも桃源郷

働き女子、自由に生きる。幸せになる。

理想と現実の距離に驚く。「晩ごはんは作らなくていい」という種類の幸せ

仕事が忙しい。なかなか定時で帰れない。

日々の私は「まぁいいか…」と思って過ごしてるんだけど、本当にいいのか。

このままで、いいのかな?

仕事中は怒涛の勢いで過ごし、家に帰ったらゆるりとくつろぐ。

ある意味、理想的な生活かもしれないとも思うし、そう思うこと自体、洗脳されてるんだろうかとも思う。

 

終わらない仕事たち

そもそもなんで仕事は終わらないのかな。

もちろん日々営業さんたちが頑張ってるんだから、仕事がなくなるわけない。でも、私が「ここまでやりたい」と思うこところまでは、たいてい1時間くらい残業をしないと終わらない。それでも終わらないときは、次の日に回してる。

ということは、私が「ここまでやりたい」と思うところが、そもそも時間内に終わる量じゃないのかも?

私は毎日、自分で自分の首を絞めてるんだろうか…

 

たぶん夫は私に何も求めていない

私が早く帰りたい理由は、これでも一応主婦なのだから、帰ってご飯を作ったり、夫と話したりする時間をもっと作らなければいけないし、仕事をしていても自由時間は充実していなければならない、という謎の義務感から生じている気がする。

もちろんご飯も作りたいし、自由時間を充実させたい。それはもともとは私の希望だった。でも、「そうすべき」と思うと、途端に義務となり、そうならないことが悪いことのように感じてしまうようになる。

たぶんだけど、夫は私に何も求めていない。それは「いてもいなくても一緒」ということでは無くて、むしろ「居てくれるだけでいい」に近いと思う。ご飯も「今日はここに食べに行こう!」と提案してくれるし、夫が作ってくれる日も多い。私に身の回りの世話をして欲しくて一緒にいるわけじゃないんだ。

早く帰ってご飯を作らなければ!なんて、そんなこと思う必要、全然なかった。

 

夜のお散歩

f:id:momomi25:20170831124708j:image

昨日、夫と一緒にご飯を食べに行った。お店から帰って車から降りたらすごく外が気持ち良かったから、そのままコンビニまで散歩をした。

会社で使うリップクリームを買いに行ったんだけど、そんなのは後から作った目的で、夜のお散歩は、涼しくてとっても気持ちが良かったな。

ちなみに、写真は全然関係ない、先週の帰り道の夕焼け(笑)

 

理想と現実

私は何に追われてるのか。

書きながら気づいたんだけど、仕事もプライベートも、自分の「こうなったらいいな」っていうささやかな希望に追われてるのかも。

それって、本末転倒というか、なんか変だ。理想と現実って、もっと理想はふわふわと暖かくて現実が厳しく追い立ててくるものなんじゃないの?

実際の私の現実は、実は全然冷たくない。夜のお散歩みたいに、暖かい日常がただ毎日続いてる。

私がもっとこうなったらいいな、と思ってることは、実は私が望んでることじゃない。「こうあるべきなんじゃないか」っていう、観念的なものであって、私の本当の理想ではない。

私はもっと、何も考えずに好きなことをしてたらいいのかもしれないなぁ。

 

まとめ

実はこのブログは、昨日散歩から戻った後、夫が「もっとこうやって2人でお散歩したり、寒くなったらココア飲んだりしながら、ゆっくり過ごす時間を増やしたい」って言ってたことをメインに書く予定だった。

 でもなんか、ちょっと違うところで、最近の私のモヤモヤの原因に近づけたような気がする。

幸せは、私が「あーこれ出来なかった」とちょっと後悔してるようなことの中にもあるんだね。

晩御飯作らなくても、誰も困らない。美味しくて健康にいいものはお店でもちゃんと食べられる。

明日からは自分のちょっとした希望に騙されないように、何もなくても幸せだって、忘れないようにしたい。