ももも桃源郷

働き女子、自由に生きる。幸せになる。

すごく悩んだけど、結婚してよかったよ

こんばんは。

検索で、「結婚を迷った時」の事を調べてこのブログに来てくれてる人が多いみたいなので、もう少し掘り下げて、ちょっと暗い本音も書いてみようと思います。

  

www.peach-in-utopia.com

 

実は、入籍する前日、本当にこのまま結婚していいのか分からず、泣きながら夜中まで彼と話し合いました。

感情的になりすぎていた私は、いろんな事を言いました。

彼は一貫して「頑張るから、信じて欲しい」と、言っていました。

 f:id:momomi25:20170610094858j:image

それから1年半。

実際に今、本当に私を幸せにするために色んな努力を見せてくれます。

それに対して、私は少し戸惑ってます。

そんなにしてもらっていいのかなっていう、罪悪感が出て来てしまう。

 

たとえば、今週はちょっと調子が良くなくて。

家に帰ってすぐにシャワーを浴びて、そのまま、ぼーっとしてました。

9時ごろに帰宅した夫に晩ご飯を作ってもらって、片付けもしてもらって…

なのに、次の日も「今日もご飯作るから、帰ったらゆっくりしててね!」って夕方LINEが送られてくる。

 

私は家で、お姫様みたいに大事にしてもらってると思う。

すごく幸せな気分になる反面、申し訳なく感じたりもするんです。

 

普通なら、仕事も先に終わるんだし、妻がご飯を作って帰宅する夫を迎えるべきじゃないのか、って。

 

少し前に、「何にもしなくてごめんね、私、いてもいなくても同じだよね」って、ズルい質問をしました。

「いてくれることが大事だって、わからないかなぁ?」と、ちょっと感動的な事を言われて。

そう言う答えが返ってくるって、半分わかってて尋ねた。

でも、嬉しかったな。

 

親と随分離れて暮らしてる夫にとって、私は文字通り「たった1人の家族」になった。

結婚したばかりの時には分からなかったけど、最近、実感してる。

彼の中で、私は唯一無二のポジションにいて、守るために楽しませるために、義務感とかじゃなく、当たり前のように頑張ってくれてる。

 

長女の私は、小さい頃から親にあまり甘えたことがなかった。

兄弟たちもみんな、私にとっては守るべき存在で、いつでもお手本になれる存在でいたかった。

だから、 優等生グセが染み付いていて、夫にとっても「理想の奥さん」でいないといけない…って思ってしまう。

本当は、甘えたいのに。

 

本当は、安心できる場所が欲しい。

何もしなくても、居てくれるだけで十分だよって、言って欲しい。

これが私の本音。

 

結婚前に悩んでこのブログを見てくれてるあなたが、もし「本当にこの人でいいのか」「もっと好きになれる人がいるんじゃないか」って悩んでるなら、「この人以上に私のことを大切にしてくれる人はいるのか」って考えた方がいい。

 

結婚して幸せになる!って決めたら、環境も、自分の気持ちも、たいていのことは自分の努力で変えられるけど、相手の気持ちだけはなかなか変えられないから。

 

私の夫は、どんな私も受け入れてくれると思う。

ヒステリックに怒ったこともあるし、冷たく責め立てたこともあるけど、それでも「一緒にいるために頑張る」「僕が悪かった」「大好きだよ」って言ってくれる。

あとは、私の覚悟次第。

彼の方はとっくに私と幸せになるって決めてるみたいだから。

 

今週、調子が悪い中で、彼に思いっきり甘えながら、「私はこれでも愛されてる」って何度も自分の中で反芻しました。

こんなに優しく大切にしてもらっているのに、罪悪感を捨てられないのは、私が自分で幸せを制約してるだけ。

彼は気にしてない。

私はただ受け取って、ありがとうって、幸せになればいい。

自分だけ幸せになってるわけじゃない。

私が幸せなら、きっと彼も幸せになる。

図々しいけど、それが心から信じられたら、これから数十年の結婚生活、もう幸せにしかならないって確信できるよね。

 

結婚するなら、「私の幸せが彼の幸せと、堂々と言える相手」を選んで欲しい。

私自身の覚悟も込めて、これが結論です。

 

 f:id:momomi25:20170610094920j:image

ちなみに、ちょっと前に悩んでたカメラ、買いました♡

最近のブログの写真は実はそのカメラで撮ったやつ!

楽しい!

そして、夫にブログバレた(笑)

めっっっちゃ拗ねて、泣いたら、「もう2度と見ない」って約束してくれました。

ちょうど私がいつも読ませてもらってるブロガーさんが彼氏にバレたっていう記事を書いてた頃だったから、すごく共感した…

もし見てくれてたら。

個人をブロックするのは無理みたいだけど、GoogleAnalyticsで閲覧してるデバイスのアドレスが分かるから、夫の携帯から一度アクセスして、そのアドレスを控えています。

「見たらすぐ分かるからね」って(笑)