ももも桃源郷

働き女子、自由に生きる。幸せになる。

タラレバ娘を観て考えた、後悔しない生き方

ドラマ「東京タラレバ娘」の最終回を見終わりました。

最終的に早坂さんとお別れして、KEYを選んだ倫子。うーん、難しいなぁ。

 まぁ、お別れしたって言っても振られたんだから、早坂さんっていう選択肢はなかったわけですよね。

迷ってる間に逃げられた。そして、今度はKEY君へ…自分の気持ちに嘘はつけない!みたいな感じだったけど、なんだか、早坂さんと付き合うときの流れと同じだった気がするのは私だけ…?

 

…でも、人生ってそういうものなのかも。

強く願っても叶わないことってあるし、逆に思いもよらない所で「これが運命なのかな」って感じる事が起きたりもする。

 

後悔しないと決める

後悔しない道を選ぶって、難しいようで、実はそうでもない。と、私は思ってる。

後悔するかしないかって、自分の過去の選択を後になってどう考えるか、ということ。

まさにタラレバだけど、「あの時あっちを選んでたら…」と考えてしまうと、後悔になる。

だけど、過去の選択って変えられないから、結局のところ、それを考えたってどうしようもない。

ありきたりな言い方だけど、「今」幸せでいられる方を選ぶことが大切だ。

そして、自分の力では選べない事は、受け入れる。

「私はいつだって、その時一番幸せになれる方を選んできた」と信じて、後悔しないと決める。

決めるか決めないかの問題だ。

 

私の話になるけれど、過去のどの選択も間違っていなかったと信じている。

例えば、第一志望の大学に落ちて、地元の大学に行った事。どうしても行きたければ浪人できたけど、地元の大学に行ったことで授業料の免除が受けられて親の負担が減らせたし、実家にいたからこそバイト代を貯めて短期ホームステイや海外旅行にも行く事ができた。

さらに、実家を出た今となっては、もう離婚でもしない限り、もう親と一緒に住む事もなさそうだから、大学4年間実家にいられて良かった。

 

正当化してるだけ、と言えばそうかもしれないけど、それでいい。

どういう道を選んでも、「これが私にとって1番幸せな選択肢だった」と信じること。

信じるためには、今ある幸せを意識することが必要だから、結局全てが今の幸せに繋がる。

 

今、私は幸せ。

口に出して言ってみる。

何もない普通の1日を幸せにするために、フルーツタルトを買って帰る。

f:id:momomi25:20170402084805j:image

幸せだなぁ。

幸せだと思ったら、なるべく記録しておくといい。

嬉しいことはすぐに忘れてしまうから。

悪いことの方が心の中に残りやすいから。

 

そういえば、それでブログを始めたんだったな(笑)

 

momo-lifestyle.hatenablog.jp

 

うん、今日も幸せ。