読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももも桃源郷

極めよう!楽しい生き方!

京都 祇園に泊まって、夜のお散歩。ゆったりとした時間が流れて、別世界だった

おはようございます、ももです。

土曜の朝からベッドに寝転んだままネットサーフィンをしていますが、窓から爽やかな風が入ってきて、眩しいくらい明るく、なんだか映画のワンシーンみたい…ゴロゴロしてるだけだけどね(笑)

 

先週、夫と2人で三連休を取って京都から大阪の辺りに旅行に行きました。

祇園に泊まったらすご〜く良かったので、記しておきたいと思います。

 

祇園のど真ん中に泊まる

私たちが宿泊したのは、KIZASHI THE SUITEという、デザイナーズホテル。

京都 祇園のデザイナーズホテル|KIZASHI THE SUITE

到着するまで知らなかったのですが、なんと、祇園のど真ん中にありました。

 

夜、お風呂に入って昼間の観光の疲れを癒した後、お財布とケータイだけ持ってお散歩に出掛けました。

まずは八坂神社から円山公園へ。

f:id:momomi25:20170422093619j:image

屋台が並び、桜の下で宴会が繰り広げられていました。わいわいと賑やかな宴会場を横目に見ながら、私たちはのんびりと登って行きます。

f:id:momomi25:20170422094208j:image

円山公園の大きな枝垂桜。強めな光でライトアップされて、神々しささえ感じるような美しさでした。

今年は桜の時期が短かったですよね…4月15日に行ったのですが、残念ながら満開はすこし過ぎていました。それでも、こんなに美しい。

 

桜を十分に堪能した私たちは、円山公園を抜けて知恩院へ。

こちらは夜の拝観は行なっていませんでしたが、私の住んでるアパートの何倍だろう?っていう程の大きな寺院が、道の向かい側からオレンジ色にライトアップされていました。「私たち、今どこにいるんだっけ?」って思ってしまうくらい、なんだか非日常的で、厳かっていう言葉がぴったりの場所でした。

写真撮った気がしたけど、探しても見つからない。この雰囲気は写真には写せないねって話した覚えがあるから、そのあと消したのかも(笑)

 

その後、ホテルの近くまで戻ったんだけど、あまりにも気持ちいいからもう少しお散歩したいねってなって、花見小路へ。

土曜の夜の祇園 花見小路通はまさに、オンタイム!

舞妓さんが移動している姿が間近で見られました!!京都も祇園もなんども来てるけど、初めて見た!感動!

 f:id:momomi25:20170422124955j:image

お触り禁止か、声掛け禁止か分からないけど、こんな看板が(笑)

お仕事中だからね、迷惑かけないように静かに熱い視線を送っておきました。

 

KIZASHI THE SUITE

今回泊まったホテル。

上に書いた八坂神社も、花見小路も、徒歩3分くらいの、本当に好立地!

思いがけず夜のお散歩が楽しめて、それだけでも大満足でしたが、お部屋もサービスもとっても良かったです。

f:id:momomi25:20170422125916j:image

セレブの豪邸みたいでしょ?こういう家に住みたいとは思わないんだけど、たまに泊まるならリッチな気分になれて良いかも。

f:id:momomi25:20170422130118j:image

すごかったのは、このお風呂。

2種類のジャグジーが楽しめて(湯船の中のライトアップもあるよ!笑)、大人が2人で入っても足がしっかり伸ばせるくらいの広さ!

お風呂をさらに楽しむために自宅から入浴剤のバブ(さくら)を持参してたんだけど、広すぎて、香りはするけど色はほぼない状態でした。バブって結構色づくのにね。

ライトアップで湯船の中をピンクとか青とかに照らしてくれる機能があったので、それでカバー(笑)

 

サービスもすごく良くて、チェックインの時に色々丁寧に説明してくれたし、タクシー呼びましょうか?とかもマメに聞いてくれたり。

あとね、冷蔵庫の中のものは全て無料ですっていうのが、新鮮だった。

瓶ビール2本、ジュースが3種類、お茶、お水、ヨーグルトが入っていました。

f:id:momomi25:20170422130833j:image

 ネスカフェみたいな機械があって、これも全部飲んでくださいね〜って、言われたから楽しく色々飲んでみました(笑)

作るのが楽しいけど、ティーパックとの味の違いは分かりませんでした…

冷蔵庫の中身って有料のところが多いけど、その分宿泊料に乗せてくれてもいいから無料の方が嬉しいですね!よく考えたら、部屋の飲み物飲むのに、追加料金とか気にしたくない。部屋の飲み物ってなんか高いしね。

 

それから、ホテルの一階はお土産やさんになっているので、朝、出発する前に会社へのお土産を買って、スーツケースに片付けてから出発できるのも素敵でした。

京都の旅をすごく快適にしてくれる、また是非泊まりたいホテルでした!

 

 

 

 

毎月5000円、自分のためだけに使ってみることにする

こんばんは、ももです。

ほとんど自己満足で書いているブログですが、少しずつ読んでくれる人が増えてきて、嬉しいです。

 

自分の喜びためにお金を使う

以前の記事でも書きましたが、私はお金を使うよりも貯める方が好きです。

でも、思うんですよね…通帳の残高を増やしても、その数字自体からは何も生まれない。

将来のために。と、つい考えてしまうけど、経済状況も1円の価値も刻々と変わっていく中で、将来のために延々と貯めるって、やっぱりあまり賢くないなぁ。

 

私は自分が喜ぶためだけにお金を使うことがほとんどなくって、判断基準はいつも「必要かどうか」「役に立つかどうか」という、極めて実用的なもの。

でも、それじゃあ人生楽しめないと思う。

 

だから、まずは5000円から。

自分の喜びのためにお金を使ってみようと決めました。

ルールはひとつ。毎月5000円、楽しそうなことに使うこと。

必要なものを買うときに少しいいものを選ぶとかも、もちろん贅沢でいいと思うけど…それは今までも経験あるし、アリにするかナシにするか悩むところ。

せっかくだから、できれば、今までやったことのないお金の使い方がしたいな。

 

財源の確保

では、毎月5000円をどこから捻出するか。

f:id:momomi25:20170420200845j:image

夫に相談すれば、毎月もらっているお金を5000円増額してくれると思う。それは簡単。

でも、いろいろと考えた結果、自分の貯金から捻出することにしました。

この試みの主旨は、私がお金をもっと自由に使えるようになることだから、自分のお金を使うことに、より大きな意味があるはず。

今、独身時代からの貯金が、100万くらいあります。毎月5千円、1年で6万円と計算すると、15年以上続けられる!…思ったより長いな(笑)

とりあえず、1年間やってみたいと思います。

 

どんな事が出来るのか?

5000円で出来る楽しい事。

これから毎月考えて実践していきたいと思いますが、まずは今思いついている事をいくつか記録しておきたいと思います。

  1. 習い事(ヨガと料理教室に興味あり)
  2. マッサージ
  3.  ブログのデザインの外注
  4. 友達へプレゼントを贈る 
  5. 雨の日の通勤にタクシーを使う

などなど。

 

5000円、そんなにリッチな遊びはできない。でも、だからこそ罪悪感を持たずに楽しいことに使える額かな、と思う。

1年後、私の価値観がどんな風に変わってるのか、楽しみだなぁ。

 

 

 

百万遍の手づくり市に行って、運命の出会いをした

おはようございます、ももです。

先週末、京都の知恩寺で毎月15日に行なわれる手づくり市に行ってきました。

昨日のブログでも少し書きましたが、そこで、運命の出会いがありました!(笑)

f:id:momomi25:20170418080649j:image

可愛い!めっちゃ可愛い!

f:id:momomi25:20170418080733j:imagef:id:momomi25:20170418080742j:imagef:id:momomi25:20170418080756j:image

愛くるしい丸みを帯びたボディに、見事なシックスパック!!

まじかー、可愛い(笑)

 

百万遍手づくり市は、一度行ってみたいと5年くらい思い続けていたのですが、 毎月15日に開催、と日付が決まっているので、なかなか予定が合わせられず。

平日だとなかなか行けないし、一度念願叶って15日に京都旅行に行った時は、まさかの大雪で、これまた行けませんでした。

f:id:momomi25:20170418192957j:image

雪の京都は綺麗だったけど何もできなかった(笑)

 

ということで、初めての百万遍手づくり市

f:id:momomi25:20170418193617j:image

いろんなものが出品されていました。どれも手作りならではの個性と、手作りとは思えないほどのクオリティで、みて回るだけでも本当に楽しかったです!

あまり店舗の写真を撮るのもよくないかな〜と思い、写真はほぼないのですが、アクセサリー、お菓子、植物、置物、人形、衣類などお店が出ていました。

アクセサリーは、ピアスをイヤリングに変えてくれるサービスをほとんどのお店でやっているようでした。ピアスを開けてない私にとっては、すごくありがたいサービス!真珠のイヤリング、買えばよかったなぁ…。

あと、石にペイントをして動物を作っているユニークなお店では、欧米系の人とアジア系の人が、双方、流暢な日本語でウォンバットの譲り合い(取り合い?)をしていました。

ウォンバットってなんだろうって、その場から離れてすぐにググりました(笑)

 

私のもう一つの戦利品は、ガマ口のお財布。

f:id:momomi25:20170418194835j:image

親子になってるんですよ!可愛い〜!これで2000円って、ほんとお買い得!

がま口をこよなく愛する私の母親へのお土産にしました(笑)

 

運良く15日に京都周辺へ出かける予定のある方は、ぜひ足を伸ばしてみてください!

毎回お店も違うみたいなので、私もまた行ってみたいです!

 

 

 

スタバのバルーン!わざわざ大阪まで行って新作飲んできました!

こんにちは、ももです!

京都と大阪を旅行してきました!

f:id:momomi25:20170417112859j:image

どーん!笑

まずね、先に見て欲しいのはカメちゃんです。

京都の手づくり市に行って、一目惚れしてゲットしました!!

かわいい〜!

手づくり市はかなり楽しかったので、また記事にしたいです。

 

そして、カメちゃんの後ろにあるのが、今回ゲットしたスタバのバルーンです。

f:id:momomi25:20170417115733j:image

こちらのイベント会場になっているスタバで、新作のアメリカンチェリーパイフラペチーノを注文すると、貰えました。

f:id:momomi25:20170417113904j:image

会場のスタバでは、こうやってみんなバルーンもらってるの。雰囲気だけでもワクワク(笑)

人が多かったけど、店員さんの対応もスピーディーで、10分くらいしか待ちませんでした!

f:id:momomi25:20170417114431j:image

全体はこんな感じまぁるいフォルムが愛らしいね。

お昼前にもらってから夜、家に帰るまで、大阪の街中や電車でみんなの羨望に満ちた眼差しを一身に受けながら過ごした1日でした(笑)

「わぁー」とか「スタバだ!」とかって話してる声も聞こえてきて、しかも岡山に戻ってからなんて、他に持ってる人誰もいないからね。

胸を張ってルンルンで帰ってきました。

 

いやぁ、楽しかった!

家でもツンツンつついたり、投げてみたりしてまだ楽しんでいます。

なんでだろう、浮かぶ風船って特別な感じがしますよね!うきうきします!

風船だけに…浮き浮き(笑)

 

今回のイベントは2日間だけだったみたいだけど、次があれば皆さんぜひ、バルーンをゲットしてみんなの憧れの的になってみてください(*^^*)

 

 

 

 

 

【幸せあつめ】美味しいお肉を少しだけ食べるとお腹いっぱい食べるより幸せ

こんばんは。ももです。

最近は週2で外食に行っています。

お寿司、焼肉、もつ鍋、韓国料理、台湾料理…この辺りは定番で、定期的に食べたくなります。

美味しいものを食べると、手軽に幸せを感じられるからいいですよね!

自分がどんな時に幸せって思うか、たくさんレパートリーを揃えておきたいです。

 

1番幸せな焼肉の食べ方

今日は、その中でも焼肉について。

まず、長い間、私にとって焼肉とは、家で食べるものでした。

家族みんなでホットプレートを囲んでスーパーで仕入れたお肉を焼いて食べる。

あるいは、季節がいい時には庭で炭火のバーベキュー。

ちなみに、焼肉とバーベキューの違いは、焼きながら食べると焼肉、全て焼いてから食べるとバーベキューらしいですよ。全て焼いてから食べるって、何なのそれ。焼きながら食べるから楽しいんじゃないの?私は本当の意味でのバーベキューをしたことないってことが発覚。

バーベキューバーベキューってカタカナで打ってると、ゲシュタルト崩壊が始まりそう…

 

話を元に戻します(笑)

焼肉をお店で食べるって、大学まで2、3回しか経験してないと思うんですね。よくお店に行くようになったのは、夫と付き合うようになってから。

初めは食べ放題から入りました。美味しいけど、元取らなきゃって思ったり、注文したお皿を食べきれなかったら罰金?みたいな制度もあったりして、だいたい食べ過ぎるんですよね。

焼肉の食べ放題に行った後は、だいたい罪悪感に襲われてたなぁ。それだけ、体にあまり良くないものをしかも大量に摂取してるってイメージがあった。

 

ここ1、2年は食べ放題を卒業して、注文式の焼肉屋さんに行くようになりました。それは、結婚して、お金の使い方を考え直したのが大きいかも。

そうしたら、焼肉が本当に好きになった。

f:id:momomi25:20170415072022j:imagef:id:momomi25:20170415072048j:image

たくさん食べるよりも、いいお肉を3種類か4種類だけ頼んで食べる方がずっと幸せだってわかった。

どんどん食べなきゃ!っていうプレッシャーもなくて、口の中の柔らかな一枚を噛みしめることに集中できる。

いいお肉って、しっかり焼いても柔らかいんですね。白いご飯にもすごく合う。

白米好きな私には、「ご飯がどれだけ美味しく食べられるか」がその料理の美味しさそのもの(笑)

 

今は焼肉を食べた後も罪悪感は感じません。夫への感謝と美味しいものでお腹が満たされた嬉しさだけ。

 

お腹いっぱい食べられる食べ放題の方がお得だと思ってた時期もあったけど、お肉の質が全然違うし、お肉だけ大量に食べるよりも少量のお肉に合わせて、ご飯とスープとサラダとかを頼む方が、よりお肉を楽しめる。意外とお腹いっぱいにもなれるよ。

 

過ぎたるは及ばざるが如し。

 

お店を出た後、「もうしばらく来なくていいわ」と思うより「また明日も来たいな」と思えるお店選びをしていきたい!

 

 

 

好きだけど嫌い、だけどやっぱり大好きな英語

おはようございます、ももです。

今日は私と英語について、書きたいと思います。

私にとって英語は、大好きな事であり、常に苦手意識のあるものでもあり、学び続けたいと思う一方で、最近はすっかり後回しになっているものの一つです。

f:id:momomi25:20170412201656j:image

 

現在の実力?

まず、簡単に今の実力を。

…とは言っても使わなければ落ちていくし、テストの点数で正確に測れるものでもないので、だいたいこんな感じ、と思ってください。

 

前職では、子供たちに毎日英語を教えていました。学校ではなく一般企業で、1歳〜中学生までの子供たちに、主に会話、時々文法や英検対策などのレッスンを担当。

外国人の先生もいたし、会話のレッスンは基本的にはAll Englishという決まりだったので、毎日英語を話したり聞いたりできる、ある意味恵まれた環境でしたね。

 

英検は中学校の3年間で4級〜2級まで独学で取得しました。何かに追い立てられるように英語ばかり勉強していました。理由は後で書きたいと思います。

高校に入ってからは高校での勉強にシフトしたので、実は中学校卒業以来、一度も英検は受けていません。

 

Toeicは大学入学時に初めて受験。520点(大学入学時)→590点(大学2年生)→760点(大学3年生)→870点(大学4年生)→830点(2014年1月)860点(2016年1月)と、大学4年間でグッと伸び、社会人になってからは横ばい…と推移しています。いつか900点の大台に乗りたい。

 

会話は、大学2年生で1ヶ月イギリスにホームステイした時には、本当に日常会話にも困るくらいでした。それまではテストのための勉強しかしてこなかったからですね。

そこから話す事にも重点を置き始めて、新卒で働いた会社では1年半、ほぼ毎日英語を話していたので、今は日常会話なら問題ないかな。議論したり、ビジネスに使ったりは出来ないと思います。

 

小学生〜中学生

ここからは私と英語の付かず離れずの関係について記したいと思います。

 

まず、記憶の中で最も古い英語との記憶は、小学生中学年くらい。

当時、倉木麻衣にハマっていた私は、いろんな歌を聞いていました。その中で、"Tonight, I feel close to you"という曲が気に入り、歌えるようになりたい!と、歌詞をノートに書き写して発音と意味を調べました。ただ、どうやって調べたか覚えてません(笑)当時はスマホとかなかったし、小学生に英語の辞書が引けるとも思えない。でも、親もそんなに英語できないので、教えてもらったわけでもないような…謎です。

この歌のおかげで、closeの意味として「閉じる」より先に「近い」を覚えたし、発音もクローだと思っていました。

何だかみんなの知らないことを知っているみたいで、すごくウキウキしたような記憶があります。

 

 そして、中学年。

思春期真っ只中の私は、特別な能力に憧れていました(笑)

勉強はよくできる方だったけど、うちの親は勉強が出来ても別に褒めてくれなかったので(勉強しろとも言われたことがないです…)、なんでもそこそこできるけど中途半端な自分、には満足できなくて何かひとつ、これなら誰にも負けないと思えるものが欲しくなりました。

そうやって思い悩んでいた中学1年生の秋頃、全校集会で3年生の先輩が表彰されているのを見ました。内容は「中学校始まって以来初めて、英検2級を取得した」というもの。

ピンと来ました。よし、私も英語を頑張ろう。卒業までに英検2級に合格して表彰されてやろうじゃないか!と(笑)

そこから毎回(2年間で6回)受験し、結果的に中3の秋に2級を取得しましたが、2人目だからか表彰はされませんでした…

4級と準2級は1発合格、3級と2級はそれぞれ2度目で合格できたので、我ながらなかなか賢く、独学にしては効率的に勉強できました。

 

高校生〜大学生

高校の3年間は、ある意味英語に関して1番悩みのない時期だったかもしれません。中学生の時に英検のために高校3年間の内容を自習していた私は、常にみんなの一歩前を行く状態でした。

特別英語だけを勉強しなくても、常にトップの成績を維持できていました。

 

そして大学生。

2年生の時に、イギリスで1ヶ月のホームステイを経験しました。

機会があればブログにも残したいのですが、毎日新鮮で、本当に楽しかった。ただ、上手く話せないし、何となくしか聞き取れないことに衝撃も受けました。テストのリスニングでは満点だってとれてたのに!笑

ここから今に至るまで、私は英語に関して苦手意識を持つことになります。

会話ができない…生の英語が聞き取れない…

本当に英語が苦手な人にとっては、私のレベルでも十分だと思うかもしれない。

でも、まだまだ、足りないんです。

 

就職〜現在

私は、新卒で英会話教室に入社しました。大好きな英語を学びながらお金がもらえるなんて、素敵だと思いました。

誤算だったのは、「先生」という肩書きによって、 「できて当たり前」となってしまったこと。

転職して英語とは無関係の仕事をしている今でも「英語話せるんでしょ、すごいね」と言われることがあります。 確かに、今は日常会話レベルの会話ならできます。でも、「私は英語が話せます」と堂々と言えるようになるまでには、まだまだ足りない。

そして、自分自身ももっと出来るようになりたいと思っているので、尚更、人から英語に関して聞かれるたびに、苦手意識みたいなものを感じてしまうんです。

難しいですね。

中学生の時に、「特別になりたい。誰にも負けないくらい得意になりたい」と願った英語は、そんなに簡単なものではなかったんですね。

 

でも、いつかは「英語が大好きで、得意です」と胸を張って言えるようになりたいと、今でも思っていますよ!

 

 

 

使えば使うほど、自分だけのものになるお財布

こんにちは、ももみです。

 

みなさんはどんなお財布を使っていますか?

お財布って、毎日使うし日によって替えたりもしないから、選ぶ時には色々と考えて悩んでしまいますよね。

今日は私のイチオシのお財布を紹介したいと思います(*^^*)

 

hirameki

ヒラメキのお財布、中でもアートヌメレザーがお気に入りです!

お気に入りすぎて、私も2代目を使っているし、父親、妹、夫にもプレゼントして使ってもらっています(笑)

 

まず素敵なのは、デザインの種類が豊富なこと!

f:id:momomi25:20170402090613j:imagef:id:momomi25:20170402090614j:imagef:id:momomi25:20170402090617j:image

いろんなデザインがあって、悩んでしまう!笑

 

そして、もうひとつ気に入っているのが、エイジングという色の変化を楽しめるところ。

本革で出来ているから、使用していくと自分の手の油とかで、色が変わっていくんです。

これ、私の1代目のお財布から2代目に交代させた時の写真だけど、変化は一目瞭然。

f:id:momomi25:20170402091309j:image

下側は、大学生の時から3年くらい使ったもの。良い感じにアンティークっぽくなってるでしょう?

小さくなったように見えるけど(笑)柔らかくなって使い心地もアップしていました!

 

そして、これが2代目の今。

f:id:momomi25:20170402091814j:image

買った時は新人オーラ出しまくりだったけど、だいぶ、落ち着いてきましたね。

使い始めてから8ヶ月くらいかな?

柔らかくなって、角も丸くなってきました。

 

お財布を握りしめてアイスを買いに行った夏の日、一緒に濡れてしまった雨の日…私が使ったからこそ、この色合いになった。

そう思うと、本当に愛しい!笑

 

デザインも可愛いでしょう?

1代目はノイジーロンドンというデザインで、私の大好きなイギリス、ロンドンの国会議事堂(たぶん、右端がビックベン?)と、何だかごちゃごちゃと騒々しいイルカや風船。

2代目はホワイトショップ。白いモノだけを売ってるお店にお買い物に来るペンギンちゃん。フラミンゴも売り物なのか…?元々はホワイトデー限定デザインでした。

 

他にも色んなデザインがあるし、使い込むほど風合いも変わってきて、まさに自分だけのお財布になります。

hiramekiの回し者みたいになりましたが(笑)使うほどに価値が減ってしまうんじゃなく、むしろ雰囲気が出るって、本当に素敵。

何年か後に買い換えるときも、またこのお財布にしようと決めています。

 

ちなみに、このアートヌメレザー以外にももっとシンプルなものや、長財布じゃなくて二つ折りのお財布もあります!

ぜひ、次に買い換える時には候補の一つに入れてみてくださいね!